【最新刊】中国の「核」が世界を制す

中国の「核」が世界を制す

1冊

著:伊藤貫

1,300円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1980年以降、中国経済は毎年平均9%の高率で成長した。しかも1989年から2006年まで、中国の軍事予算は、毎年13~16%の高スピードで増加している。中国政府はいったい何を目的として、このような大軍拡政策を実行しているのだろうか。東アジア地域の地政学的な安定を維持するためには、日米同盟を維持することが不可欠である。しかし、「アメリカ政府は2020年以降、中国の軍事的脅威から日本を守ることはないだろう」と予測する点において、本書は、今後も日本が米国依存体制を続けられると期待している「親米保守」グループとは明確に立場を異にする。また本書は、21世紀の日本が独立国としての地位を維持するためには自主的な核抑止力の構築が必要であることをはっきりと指摘しているので、反核感情の強い「反米リベラル」の人たちとも外交視点が異なる。日・米・中の政治指導者、知識人が、日本国民に読ませたくない「禁断の書」。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/04/01

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/09/19Posted by ブクログ

      ブックオフで100円で買った本ですが、非常に内容のある一冊でした。

      現在の世界(過去の世界もおそらく未来の世界も)を動かしているリアリズムに基づいたアメリカの観察と中国は的を射ていると思いました。...

      続きを読む
    • 2007/03/16Posted by ブクログ

      日本は抑止力としての核を持つべしという主張。大国はリアリズムでしか外交を行わず、アメリカ依存も観念的平和主義もともに現実的ではない以上、困ったことに(?)一定の説得力があるのだね。ただそれを日本国内政...

      続きを読む

    セーフモード