四畳半王国見聞録(新潮文庫)

森見登美彦

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「ついに証明した! 俺にはやはり恋人がいた!」。二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。果たして、運命の女性の実在を数式で導き出せるのか(「大日本凡人會」)。水玉ブリーフの男、モザイク先輩、凹(へこみ)氏、マンドリン辻説法、見渡すかぎり阿呆ばっかり。そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きる──。森見登美彦の真骨頂、京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短編集。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード