夫というもの

渡辺淳一

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ会話がない、帰ってこない、浮気するのか。結婚したとたん、家庭の中で、外で、迷走する「夫」たち。結婚という枠組みの中で、変容してゆく男たちの実態にせまり、妻の知らない夫たちの本音を解き明かす。さらに、定年後の夫婦のあり方、老いをどう生きるか、高齢社会化が急速にすすむ中、新しい男と女の姿、夫婦のかたちを模索する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/08/20Posted by ブクログ

      渡辺淳一版の『話を聞かない男 地図が読めない女』のような?内容も、かなり男性目線からの記述なので、女性からすると面白く思われない内容が多いかもしれない。
      男性目線からの正直な語り口がなかなか面白いエッ...

      続きを読む
    • 2006/12/13Posted by ブクログ

      「夫という動物」の様々な心理を描いたエッセイ(?)のようなものだ。



      渡辺淳一は「失楽園」「愛の流刑地」で中年男女の心理の機微を描いて評判になった。

      この本も彼の独特な理論で様々な男性心理を説明...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/06/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001627754","price":"495"}]

    セーフモード