【最新刊】科学社会学の理論

科学社会学の理論
1冊

松本三和夫

1,296円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

原発事故、オゾン層破壊、資源の枯渇……深刻なリスクと隣り合わせの現代社会の中で、科学技術とともに幸せな生を送るには? 「社会」という視点を欠落させてきた科学者や技術者とも、科学技術を「社会」の現象として考察してこなかった社会学者とも適切に距離を保ち、「科学社会学」という新たな知を立ち上げる。第一人者が福島原発事故に先立って公にした予想を踏まえ、豊富な具体例とともに明快に説く。

続きを読む

レビュー

3
1
5
0
4
0
3
1
2
0
1
0
  • 2019/03/15Posted by ブクログ

    第1章 科学社会学とは何だろうか 第2章 科学者集団の内部構造 第3章 科学と社会の制度化 第4章 科学、技術、社会の相互作用 第5章 地球環境問題を考える―科学社会学からながめてみれば(1) 第6章...

    続きを読む
  • 2016/04/18Posted by ブクログ

    【版元の情報】 ISBN:978-4-06-292356-9 判型/ページ数:A6/432ページ 電子版製品名:科学社会学の理論 シリーズ:講談社学術文庫 初出:本書の原本は、1998年に『科学技術社...

    続きを読む
  • 2016/04/02Posted by ブクログ

    160402 中央図書館 科学者、技術者をサル山の猿の群れのように観察する社会学者の視点には、どうにも賛成できない。何様のつもりだ。表紙の写真も、何かを誤解させる意図のものとしか思えないではないか。

セーフモード