【最新刊】もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。

もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。

1冊

松浦弥太郎

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『暮しの手帖』編集長から、「クックパッド」の一社員に2015年春転身し、多くの読者を驚かせた文筆家の松浦弥太郎さん。未来に悩む若者たちに「もし、今自分ならこんなことをしてみたい」というアプローチで、この時代を仕事や生活について、どう生き、どう楽しみ、どう学び、どう考え、どう努力し、どう悩むか、これからの生き方や仕事の仕方を指し示す。多くの人に読み継がれたロングセラー、待望の文庫化!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/25
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4
    13
    5
    2
    4
    9
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/01/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/09/14Posted by ブクログ

      松浦さんの書く仕事論は、甘くない。だから心に余裕が無かった時は読めなかったのだが、今敢えて厳しい時期に読むと心に染みる。40歳になった僕だけれど、もっと出来る事があるはずだ。

    • 2019/08/23Posted by ブクログ

      「収入に比例するのはどれだけ人を感動させたか。」この言葉を軸に個として図々しく貪欲に繊細に行動していく重要性を説いている。その上で「勝ち続けると消費されてしまう。」という言葉には共感したし新たな目線で...

      続きを読む
    開く

    セーフモード