【最新刊】深い河

深い河
1冊

遠藤周作

658円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向かう人々。自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶように包みこむ。人と人のふれ合いの声を力強い沈黙で受けとめ河は流れる。毎日芸術賞受賞作。

続きを読む

同シリーズ 全1巻

レビュー

4.1
328
5
143
4
108
3
68
2
5
1
4
  • 2019/05/11Posted by ブクログ

    ヒンドゥー教、キリスト教を重ねて描くことで世界創造、人生の目的を浮き彫りにする。 インドのバラナシに行きたい人オススメ、

  • 2019/04/28Posted by ブクログ

    遠藤周作は過大評価されすぎじゃない? そもそも自分独自のキリストの復活についての解釈をもとにこの物語も進んでいて、オナニーご苦労さまって感じ。 話が重いだけでキリスト教の良さもあまり伝わらない。そうじ...

    続きを読む
  • 2019/02/12Posted by ブクログ

    「どこかで必ず生まれ変わるから、絶対に私を見つけて」の一言を残し癌で亡くなった妻、その思いを胸に生まれ変わりを探しにインドへ向かう磯部。 何かに惹きつけられるように、人には言えない様々な思いや業を背負...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード