【最新刊】超対称性理論とは何か 宇宙をつかさどる究極の対称性

超対称性理論とは何か 宇宙をつかさどる究極の対称性
1冊

小林富雄

972円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

この宇宙にはまだ多くの謎が残されています。自然界に存在する4つの力のうち、3つまでは標準理論で説明できますが、4つ目の重力を素粒子物理的に理解することには成功していません。こうした問題を解決し、重力まで含めたすべての力を統一的に理解する可能性を秘めているのが、「超対称性」とよばれるまったく新しい対称性です。「なぜこの宇宙が存在するのか」という根源的な問いに答える究極の理論に迫ります。

続きを読む

レビュー

4.5
2
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0
  • 2016/10/24Posted by ブクログ

    「ネーターの定理」対称性あるところに保存則あり。 ゲージ粒子は「ゲージ対称性」で守られており、フェルミオンは「カイラル対称性」で守られているが、ヒッグス粒子は標準理論では値が発散してしまうという「階...

    続きを読む
  • 2016/05/08Posted by ブクログ

    1章は分かりやすく読んだ。2章以降はたちまちついていけなくなってしまった。1950年くらいまでのことは何となくわかる感じがするのだけれど、それ以降がどんどん見えなくなる。まあそれでも、最先端の研究の様...

    続きを読む
  • 2016/04/12Posted by ブクログ

    図らずもヒッグス粒子発見とこれからのその研究の重要性を学べた。素直に良かった。 また、超対称性粒子を検出するための物理学者の努力に敬服した。試行錯誤とはまさにこのことだ。真理を求めて仮説を絞り込んで...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード