【最新刊】写真ノ説明

写真ノ説明

荒木経惟

1,023円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    父、母、妻、愛猫の死、そして自身もガンに冒され、ついには写真家として最も大切な利き眼である右眼を失明。だが、大切なモノを失うたびに、その写真はますます凄味と切なさを増していく。本書は、呼吸するように日々写真を撮り続ける“写鬼”アラーキーのここ一年余の活動を辿りつつ、過去の名作から最新撮り下ろし、ライフワーク「人妻エロス」の撮影模様まで収録。最も旬なアラーキーと「私写真家人生」の全てが見えてくる!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/25
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/07/07Posted by ブクログ

      写真は何も説明がなくても見る人の想像をかきたてるものだ。しかし、自分の作品にあえて言葉で撮影のコンセプトや方法について説明を加えることで、こういう見方もあるよという作者側の視点も提示し、より多角的に作...

      続きを読む
    • 2016/06/07Posted by ブクログ

      おもしろいことを考えます。もともと文がたつ著者なので楽しめます。モノクロの力を改めて感じました。158-9頁のノドのところの写真が見えなくて、袋とじの本を開くみたいにして見ましたが、これはやっぱりアウ...

      続きを読む

    セーフモード