【最新刊】地獄行きでもかまわない

地獄行きでもかまわない

1冊

大石 圭

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    冴えない大学生の南里遼太郎は、合コンで出会った夕紀の眩しいまでの美貌が忘れられなかった。彼女の歓心を買うために吐いた、たったひとつの、しかし大きな嘘。それが彼の運命をねじまげてゆく。夕紀を手放したくない一心で嘘を塗り重ね、殺人まで犯してしまうのだが……。虚飾の幸せの果て、愚かな男を待つ凄まじいまでの悲劇とは? 戦慄のクライムサスペンス!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/25
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.2
    7
    5
    1
    4
    2
    3
    3
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/04/05Posted by ブクログ

      大石圭 著「地獄行きでもかまわない」、2016.1発行、一息に読了しました。好きな美人女性白井夕紀を自分の方に向かせるため、「売れている覆面作家の野々村ケン」と嘘をついた南里遼太郎の物語。浪費癖の夕紀...

      続きを読む
    • 2018/09/10Posted by ブクログ

      読んでいると次どうなるのか?いつバレるのか?とハラハラして先が気になり、どんどん読みたくなります。
      ただ、冷静に振り返ると、主人公が超ラッキーで自己中なだけだとだんだん感じてきました。

    • 2018/07/11Posted by ブクログ

      平凡な男の南里遼太郎は美女の夕紀に恋して人気作家だと嘘をつき、歓心を誘い、後戻りできない境地に自らを追い込み、罪を重ねる。普通の冴えない男が凶悪犯に陥る可能性を示唆している小説。

    開く

    セーフモード