不倫経済学

著:門倉貴史

730円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人気エコノミスト、門倉貴史先生が、統計で「熟年男女とシニアの性愛と、お金の実態」を露わにする。●専業主婦の不倫のお値段は19万円?●熟年離婚と年金の損得勘定●マイナンバーで浮気・不倫がばれる理由●離婚の痛みは98万円?●中年童貞の値段は36万円未満●老いらくの恋の支出は年間15兆円! ●増大する高齢者ストーカーの恐怖国防費予算に匹敵する(5兆5000億円)、中高年男性の不倫で動くマネーの動きや、愛をお金に換算するなど、斬新な視点でお金と愛の関係に迫る。

    続きを読む
    • 不倫経済学 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      不倫経済学 全 1 冊

      730円(税込)
      7pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 2017/04/23

      不倫で動くお金の話がメイン。
      ではあるが、興味を持ったのは、
      第四章:老いてなお盛ん、老人の性愛 だった。

      行かないので判らないけど、ラブホテルのバリアフリー化のトピックに関しては、懐疑的ながら、そ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/07/14

      不倫というか、表に出てこない風俗産業がこれだけ広い世代にあって、これだけ巨大な経済圏になっているとは驚き。

      んで、不倫は、経済的に割りが合わない。

      Posted by ブクログ
    • 2019/11/29

      著者の視点面白いですね。
      いつも感心させられます。たしかに一業界として成り立つロジックが明快になりました。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード