【完結済み】立-Ritz-

立-Ritz-

完結

大和田秀樹

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

小林立が「咲-Saki-」を描く理由、それは行方不明となった父との再会を果たすためであった…! 父が残した「宮永咲」の麻雀牌を握りしめ、彼女は今日も麻雀漫画界という名の戦場で描き続ける──!!

続きを読む
ページ数
152ページ
提供開始日
2016/03/25
連載誌/レーベル
月刊ビッグガンガン

レビュー

  • 2016/05/06Posted by ブクログ

    「あの播磨の虎と呼ばれる女が」勝手に異名を付けるな(だいたい全部そういう漫画)。傍若無人に現実を書き換え、最後はしっかり熱く原作にも絡めた麻雀勝負。短い中に良くはじけた大和田マンガ。

  • 2016/03/27Posted by ブクログ

    なんだこれは。咲の作者 小林立が咲を描く理由。生き別れの父との再会を果たすためとか。スピンオフ多過ぎるのはそういうこと…んなわけあるか! 伝説級とのオーディションという名の麻雀対決は見もの。

セーフモード