【最新刊】罪の余白

罪の余白

著者:芦沢央

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校のベランダから転落した加奈の死を、父親の安藤は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか。自分を責める日々を送る安藤の前に現れた、加奈のクラスメートの協力で、娘の悩みを知った安藤は。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/04/30
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2016/01/25Posted by ブクログ

      ◎生々しいスクールカースト、追い詰められた女子高生の取る行動。どれだけ人間は冷たくなれるんだ。
      安藤の娘、加奈はある日突然学校のベランダから飛び降りて死亡する。そんな加奈のそのときの回想シーンから小説...

      続きを読む
    • 2015/05/07Posted by ブクログ

       一人娘の転落死の真相を追う大学講師の父親の姿を描いたサスペンス。

       小説のテーマはどちらかと言うと使い古された感のあるものだったのですが、非常に巧くまとまった秀作だったと思います。

       心理描写が...

      続きを読む
    • 2019/05/18Posted by ブクログ

      上手いなぁ!が率直な感想。
      とても良かった。

      アスペルガーの早苗さんの個性が凄く良い。
      昨日まで読んでいた、よるのふくらみはヤゴだったが、今度はベタ。


      安藤の娘、加奈が学校で転落死した。
      妻を子...

      続きを読む
    開く

    セーフモード