【最新刊】Who Gets What(フー・ゲッツ・ホワット) ―マッチメイキングとマーケットデザインの新しい経済学

Who Gets What(フー・ゲッツ・ホワット) ―マッチメイキングとマーケットデザインの新しい経済学

1冊

著:アルビン・E・ロス 訳:櫻井祐子

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

    愛、臓器、人気企業への就職、有名大学への進学・・・世の中には「お金」では買えないものがある。互いが互いを選ぶ「組み合わせ」が必要だ。最適・効率的な「組み合わせ」はどうすれば実現できるか。マッチメイキングとマーケットデザイン研究で世界をリードするノーベル経済学賞受賞者が、従来の経済学が扱わなかった新領域を分かりやすく解説します。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/19

    レビュー

    3.6
    17
    5
    3
    4
    6
    3
    7
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/09Posted by ブクログ

      マッチメイキングとマーケットデザインの経済学の本。
      学校で習った、需要と供給のみで価格が決まる市場ではなく、それ以外の要素が絡む市場、たとえば臓器移植のドナーと、臓器提供を待つ患者のマーケットを、いか...

      続きを読む
    • 2019/05/05Posted by ブクログ

      マーケットデザインの分野で2012年にノーベル経済学賞を受賞したアルビン・E・ロスの本。臓器の交換移植や学校選択のアルゴリズムが紹介されている。ゲール・シャプレーメカニズムはNHKのオイコノミアでも紹...

      続きを読む
    • 2018/12/15Posted by ブクログ

      マッチメイクを理論的に開設した1冊。マッチングビジネスに関する参考書と思って購入したので、少し内容が異なるものだったのは残念だった。経済学の理論としては興味深く、面白かった。

    開く

    セーフモード