【最新刊】はじめての福島学

はじめての福島学

1冊

開沼博

1,458円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    「福島難しい・面倒くさい」になってしまったあなたへ─ 福島第一原発事故から4年経つ今も、メディアでは放射線の問題ばかりがクローズアップされている。しかし、福島の現実は今どうなっているのか、そして、福島の何を今語るべきなのか? 『「フクシマ」論』で鮮烈な論壇デビューをはたした社会学者・開沼博が、福島問題を単著で4年ぶりに書き下ろし。人口、農林水産業、観光業、復興政策、雇用、家族、避難指示区域……。福島を通して、日本が抱える「地方」問題をもえぐりだした一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/17

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード