スキャナーに生きがいはない

コードウェイナー・スミス/伊藤 典夫/浅倉 久志

1,188円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1950年、あるSF雑誌に無名の新人の短篇が掲載された。異様な設定、説明なしに使われる用語、なかば機械の体の登場人物が繰り広げる凄まじい物語……この「スキャナーに生きがいはない」以来、〈人類補完機構〉と名づけられた未来史に属する奇妙で美しく、グロテスクで可憐な物語群は、熱狂的な読者を獲得する。本書はシリーズ全中短篇を初訳・新訳を交え全3巻でお贈りする第1巻。20世紀から130世紀までの名品15篇を収録。解説/大野万紀。

    続きを読む
    • 人類補完機構全短篇 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      人類補完機構全短篇 全 3 巻

      3,762円(税込)
      37pt獲得

    レビュー

    • 2016/12/25Posted by ブクログ

      SF。連作短編集。はじめての作家。
      20世紀から130世紀にわたる未来史。時間的なスケール、世界観的なスケール、どちらも驚異的。
      内容は、背表紙にあるように、「奇妙で美しく、グロテスクで可憐」。一言で...

      続きを読む
    • 2017/08/14Posted by ブクログ

      人類補完機構の全短編が読めたという喜びと共にこれで全てなのかという淋しさもある。
      エッシャーの建てた美術館でダリやクリムトの作品を鑑賞するような楽しみは飽きることが無い。

    • 2017/11/08Posted by ブクログ

      「嵐の惑星」
      これほどの作品が本邦初訳ということに驚いた。
      訳されていない=面白くない、とは限らないらしい。

    開く
    [{"item_id":"A001624814","price":"1188"}]

    セーフモード