【最新刊】辻征夫詩集

辻征夫詩集

谷川俊太郎編

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    やさしくて,茫洋として,卑下もせず,自慢もしない――.実際に生きているリアリティーを話し言葉を巧みに使って書かれた素直なことばが,混沌とした重層的な時空間をうみ出す,現代抒情詩の第一人者辻征夫(1939-2000)のエッセンス.全作品から70篇を精選し,自筆年譜を収録した.(対談・解説=谷川俊太郎)

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/17
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      現代詩のはずなのだが、ゲンダイシの先生方の作品と比べてずいぶんと平易である。あまり頻繁に言葉が逸脱しない。つまり、ひとつひとつの語が日常語的なコンテクストを離れ、差異をはじけさせて孤立して輝く、といっ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      手をつけやすい値段だったのが買ったきっかけ。辻征夫という詩人についてもよく知らなかった。なんかかっこいいというのが率直な印象だ。野球の投手でいうと、なんか地肩が強いから過度に変化球に頼らなくてもいいよ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      優しさが溢れ返らんばかりの口語詩。

      おい、あのあしかの、あの眼つきを見ろ。あれはたしかに〈はじらい〉を知っているぞ。

      で、ぐいっとつかまれ、

      鼻と鼻が
      こんなに近くにあって
      (こうなるともう
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード