【最新刊】いぬのなまえ

いぬのなまえ

菅辺吾郎

657円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

逆らわぬよう、躾けられた。 黒川財閥に仕える関口家の子供である巴は、黒川の次男・長次郎の「犬」として有名。幼い頃は仲が良かったはずの二人だったが、今や巴は、一方的に長次郎に疎まれ、虐げられる。そんな巴を学友らは遠巻きにしていたが、全く気にせず巴に接してくれる男が現れ…?

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
164ページ
提供開始日
2016/03/15
連載誌/レーベル
uvu
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2019/12/28
    辛いことが重なり

    生まれた家の格で主従が定められている2人の少年の関係が、成長と共にどんどんとねじ曲がり、その果てに取り返しのつかない事態を招いてしまいます。
    これは、嫌な気分が残るヤツだと思うのですが、虐げられる主人...

    続きを読む
  • 2020/06/06
    攻めがもっと早くデレていたら…

    財閥の息子とその家に仕える家の息子のCPという形の作品で2人の関係性に感じ入りました。
    攻めの黒川がもっと早くにデレていたら2人の幸せなやり取りの場面がもう少し見られていたかも?
    心が通じ合うまでに時...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2016/02/20Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
開く

セーフモード