世界株高の落とし穴

週刊エコノミスト編集部/鈴木敏之/竹中正治/城田修司/窪谷浩/小野亮/土屋貴裕/嶌峰義清/窪田真之/宇野大介/金子秀敏/山口勝義/菅野泰夫/村上拓哉/國分俊史/森川央/若林秀樹/肥田美佐子/藤枝克治/谷口健

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    各国が金融緩和を実施し、世界的な株高が続いている。しかし、その足元は意外にもろい。株価が下落に転じるリスクは世界中にある。 米国利上げショック、日本、中国、欧州、ロシア、中東、ブラジルのリスクを分析するとともに、世界の地政学リスク分析で定評のある米政治学者イアン・ブレマー、安倍晋三首相の金融・経済政策ブレーンを務める浜田宏一・米エール大学名誉教授の両人にもインタビューしました。 本書は週刊エコノミスト2015年5月5・12日合併号で掲載された特集「世界株高の落とし穴」の記事を電子書籍にしたものです。目次:はじめに世界株高の落とし穴・米国利上げショック 早くても遅くても混乱招く・低インフレとドル高が資産バブルを招く・日本 日銀の物価目標修正が円高・株安の引き金に・インタビュー 浜田宏一・内閣官房参与、米エール大学名誉教授・有力エコノミストアンケート 【米利上げ開始はいつ?】 【円安・株高は続くのか】・中国 風前の灯リコノミクス   戦後70年談話で反日デモの危機・インタビュー イアン・ブレマー、ユーラシア・グループ社長・欧州 たまるユーロ買いの“マグマ”・ロシア 制裁延長とルーブル安・中東 イラン制裁解除で浮上するサウジとの地域間対立・原油・ガス シェール生産地の4割が水不足・ブラジル 汚職、国営石油破たんの危機・シャープ解体リスク 液晶分社化でも険しい道のり

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード