【最新刊】株と政治

株と政治

1冊

桐山 友一/松田 遼/小玉 祐一/平川 昇二/杉村 富生/藤本 誠之/小林 大純/田代 昌之/越智 直樹/西山 雄二/田中 優美/佐野 友彦/窪田 真之/塩村 賢史/大川 智宏/週刊エコノミスト編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    乱高下する日本の株式市場。郵政上場を控え、安倍政権にとって株価対策はますます重要になっている。政治が動かす株式市場の実態とは。 本書は週刊エコノミスト2015年8月4日号で掲載された特集「株と政治」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:・はじめに・今秋にも郵政3社が上場 NTT株ブーム再来するか・東芝 組織ぐるみ不正会計でも上場廃止にならない理由・株価と支持率 5大長期内閣は株価がプラス・バブル前相場の再来? 中曽根時代に酷似する安倍政権・政治と株の戦後史 「政治銘柄」今は昔に・成長戦略で上がる株! 9分野67銘柄   1 インバウンド 中古の高額品販売に注目   2 マイナンバー システム開発に特需発生   3 IoT あらゆるモノがネットに   4 医療・介護 少子高齢化対策急務   5 不動産 王道の国家戦略特区   6 人工知能(AI) 既にSFの世界ではない   7 エネルギー 電力市場自由化で恩恵   8 コーポレートガバナンス 「攻め」の三本柱   9 インフラ整備 防災・減災に向けた喫緊の課題・中国 政府のあまりに露骨な市場介入   日本株は大丈夫! 原油安と円安の追い風・中国株急落のインパクト 電子部品、繊維は要注意・ガバナンス改革 「野心的」なROE目標の企業増・「底堅さ」の裏側 消去法で海外投資家が一斉流入

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/10

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード