【最新刊】アガタ/声

アガタ/声

デュラス/コクトー/渡辺守章(訳)

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お互いに記憶の深層から紡ぎ出した欲望の言葉で、“近親相姦”を語る兄と妹(デュラス『アガタ』)。不在の男を相手に、女が電話越しに“別れ話”をひたすら語る(コクトー『声』)。男と女、すれ違う言葉と想い……。対話と独白の、抑制された動きと「語り」の濃密さが、鮮烈な印象を与える、一幕もの傑作2篇を流麗な新訳で。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/11
    連載誌/レーベル
    光文社古典新訳文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • アガタ/声
      ネタバレ
      2016/10/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • アガタ/声2014/04/17Posted by ブクログ

      男女2人しかいない、しかもあまり動きのない劇の「アガタ」と女優が独りで電話をしている「声」の2篇。「アガタ」を朝読み、「声」を夜読んだ。どちらも実際の舞台で観ないとよくわからない。けれども教会の鐘や寺...

      続きを読む
    • アガタ/声2020/11/19Posted by ブクログ

      『アガタ』はお互いに性愛を抱いている兄と妹が過去の思い出を互いに語り合う話し。
      打ちのめされたような優しさをもって語り合うという序文が印象的。
      『声』は女性が殺人のあったような部屋の中で電話向こうの男...

      続きを読む
    開く

    セーフモード