新装版 命の器

宮本輝

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私は最近、やっとこの人間世界に存在する数ある法則の中のひとつに気づいた。「出会い」とは、決して偶然ではないのだ。でなければどうして、「出会い」が、ひとりの人間の転機と成り得よう(本文より)。 ――清澄な抒情を湛える数々の宮本作品。その文学世界の秘密を描き出した、自伝的エッセイ集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      友達から、勧められた一冊。200ページ足らずの薄ぺらい本ながら、実に素晴らしい本であった。いつも、つねに(死)という恐怖が心のどこかで、私を脅かしている。心にグッと迫りくる言葉が
      どれだけあっただろう...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      エッセイの中に出てくるお父さんの記述が気になりました。流転の海を読んでいるから余計かもしれません。宮本輝さんの名作が、何をきっかけに書かれたのかもわかって興味深かったです。

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      1980年代、新聞・雑誌、専門誌、社内報等に寄せた宮本さんのエッセイを纏めた1冊。

      前半部分にある宮本さんの生い立ちに関する作品は、どれも流転の海シリーズを想起させる部分が多く、ファンであればしみじ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001620278","price":"506"}]

    セーフモード