【最新刊】未完の告白(新潮文庫)

未完の告白(新潮文庫)

アンドレ・ジッド/新庄嘉章/訳

451円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「どこを通るかはほとんど問題ではない。ただどこへ向って行くかが問題である」という信念をもって、人生に大胆にのりだしていく少女ジュヌヴィエーブの手記という形をとり、単に自由を希うだけではなく、積極的にそれを奪いとろうとする少女の姿を通して、虚偽的なもの、圧倒的なもの、因襲的なものに対する反抗を描いた作品。思想的激動期に書かれたため未完のままで発表された。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/25
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2018/04/16Posted by ブクログ

      先に『女の学校』『ロベール』を読んでおけばよかつた。
      ひとつの家族のそれぞれから描いた一連の作品の中でも、娘からの書簡といふ形式である。
      社会的には女性のどうこうといふもののやうであるが、それ以上にひ...

      続きを読む
    • 2009/01/27Posted by ブクログ

      あ、、なんだっけこれ、、、ジッドってなんか神々しいなと思って見てました…なにそれ……ジッドって名前と雰囲気が好きだった…。

    • 2011/04/20Posted by ブクログ

      「どこを通るかはほとんど問題ではない。ただどこへ向かって行くかが問題である。」
      女性は男性の従属物なのか。女性は自分自身の持つ力を発揮するべきであり、男性に劣るということはない。女性にしかできないこと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード