【最新刊】虫籠のカガステル (7)【特典ペーパー付き】

虫籠のカガステル

お得

8冊

橋本花鳥

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

カガステルの研究が成されていた07は今“虫籠”となった。この場所で、今一度女王の座に座らせるべく捕らわれたイリは、助けにきたキドウと再会。人をカガステルにすることができるイリを、虫籠の外へ連れ出しても生きる場所はない――アドハムにそう告げられるも、二人は生きて再会する約束をし、互いに背を向けた。イリは母タニアを解放すべく最上階へ、キドウは敵を食い止めるべく剣を抜いた。 【単行本購入特典ペーパー付き】

続きを読む
ページ数
216ページ
提供開始日
2016/06/13
連載誌/レーベル
リュウコミックス
出版社
徳間書店
ジャンル
青年マンガ
  • 虫籠のカガステル 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    虫籠のカガステル 全 7 巻

    3,960円(税込)
    39pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.5
2
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/10/07Posted by ブクログ


    発病すると人格が失われ、巨大な虫に変化する奇病「カガステル」が蔓延する世界の物語

    虫によって崩壊に追い込まれた過酷な社会で生活を営みながらも故郷を偲ぶ人物たちの苦悩や葛藤には強く心打たれた。

    ...

    続きを読む
  • 2018/10/08Posted by ブクログ

    ヒトとヒトでないもの、ヒトのように見えてヒトでないもの、ヒトには見えないヒト。こういう物語が好きなんやなあと再確認。

  • 2017/04/03Posted by ブクログ

    7巻分まとめてレビュー。謎が解けていって盛り上がる感じがとても良かった。少しグロい宮崎作品みたいな感じ。

開く

セーフモード