【最新刊】F 落第生

F 落第生

著者:鷺沢萠

418円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ポジティヴに生きることだけが、決して正しい生き方じゃない。後悔したって、前向きじゃなくたって、少しずつでも歩くことさえ止めなければ、大丈夫。恋において、友情において、仕事において――。人生のなかで何かに「落第」してしまった女の子たちへ贈る、短編集。「シコちゃんの夏休み」「 最後の一枚」「 忘れられなくて」「 ショートカット」「 家並みのむこうにある空」「 岸辺の駅」「 重たい色のコートを脱いで」の7篇を収める。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/18
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.9
    20
    5
    5
    4
    9
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2005/05/14Posted by ブクログ

      「「A」ばかりの人生なんてつまらない、などと言う気は毛頭ありません。そうできる条件と幸運にさえ恵まれたのなら、泣かないほうがいいし痛みや悲しみは経験しないほうがいい。後悔なんて、する必要がないほうがい...

      続きを読む
    • 2006/01/23Posted by ブクログ

      鷺沢萠の本の中で一番好きな本。この本は短編集なんだけど、「シコちゃんの夏休み」がいい。これを初めて読んだとき、シコちゃんに強く強く憧れた。
      悲しいこととか何か大変なことを人に話して聞かせて「すごいね」...

      続きを読む
    • 2009/02/27Posted by ブクログ

      今は亡き鷺沢さんの作品。

      どこかダメな女主人公たちの恋愛模様。
      つい自分と照らし合わせてしまいます(^ω^ ;)

      「家並の向こうにある空」は
      高校時代にテストで出題されて読みました。
      最後の「重た...

      続きを読む
    開く

    セーフモード