【最新刊】逢魔が源内

逢魔が源内

1冊

著者:菊地秀行

626円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    紙問屋の「引田屋」から、主人ら14人が忽然と姿を消した。“宝暦の神隠し”と呼ばれる怪事件の調査を、田沼意次に依頼された平賀鳩渓源内は、敵の真の狙いが、意次の魂を奪うことだと突き止める。その背後には、歴史の裏でうごめく闇の力が存在していた。源内は、陰謀の阻止に尽力する中で、逢魔が時だけに現れる謎の男とも対峙していく。源内と闇の権力の戦いを描いた「食魂鬼譚」ほか「小町娘についての考察」「腑分け奇譚」「蔵の箱」「兄弟弟子」「魅魂女」を収録した、傑作伝奇時代小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/18
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      セルフパロディ?
      なんだか、知っているような人とか知っている人に似ている人とかいろいろ出てくるんですけども。
      話の中心となるアイデアは結構面白いところを選んでいるのではないかと思います。
      「あいつ」が...

      続きを読む

    セーフモード