ただ、それだけでよかったんです

著者:松村涼哉 イラスト:竹岡美穂

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。『菅原拓は悪魔です。誰も彼の言葉を信じてはいけない』という遺書を残して――。 自殺の背景には“悪魔のような中学生”菅原拓による、Kを含めた4人の生徒への壮絶なイジメがあったという。だが、Kは人気者の天才少年で、菅原拓はスクールカースト最下位の地味な生徒。そして、イジメの目撃者が誰一人としていなかったこと、彼らの接触の証拠も一切なかったことなど、多くの謎が残された。なぜ、天才少年Kは自殺しなければならなかったのか。 「革命は進む。どうか嘲笑して見てほしい。情けなくてちっぽけな僕の革命の物語を――」 悪魔と呼ばれた少年・菅原拓がその物語を語り始めるとき、そこには誰も予想できなかった、驚愕の真実が浮かび上がる――。 圧倒的な衝撃、逃れられない感動。読む人全てを震わせ4,580作品の頂点に輝いた衝撃作。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    31
    5
    6
    4
    12
    3
    11
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/05/14Posted by ブクログ

      衝撃の、問題の、問題作。言葉が出ない。光の入らない部屋の中で時間も分からず世界から拒絶されているみたいな感覚。間違いなく面白い。

      菅原拓は悪魔なのか。何が正義なのか。人間力テストという名前からして異...

      続きを読む
    • 2016/02/24Posted by ブクログ

      人間力テストという、コミュニケーションを評価するシステム。
      それを採用した中学校で菅原拓が悪魔と呼ばれる事になった自殺事件。
      自殺事件に発展したイジメの実態と原因を探る物語。
      菅原拓の人物像を想像する...

      続きを読む
    • 2017/05/15Posted by ブクログ

      あぁ……幸せになってしまうのか……お前も……。   
      あんな綺麗でかっこいい美人さんに抱かれて……。   




      革命は面白かった。 よくやった。 褒めてやる。  
      せいぜい美人なお姉さんとイチャイ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001619116","price":"605"}]

    セーフモード