新装版 台湾人と日本精神

蔡焜燦

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    愛日家・蔡焜燦の名作、待望の単行本を電子化!2001年に小学館より文庫版として刊行された本書は、著者の日本への愛情ある叱咤激励が読者の共感を集め、現在まで14版を重ねた超ロングセラー作品です。日本の統治下で「日本人」として青年時代を過ごした著者は、終戦後に中華民国の支配下に置かれた台湾で“中国人”として長い時を過ごしてきました。その「2つの時代を生きた台湾人」として、日本統治下での精神的教育を評価し、中国の腐敗を批判する論旨は、現在の日中関係を考えるうえで貴重な提言となっています。そのうえで現在の日本人に、「日本精神(=勤勉で正直、誠実、公を大切にする考え方を台湾ではこう呼ぶ)」の大切さを訴える蔡氏のメッセージは、戦後70年を迎える日本人に強く響きます。本作品は読者から「単行本として手元に置きたい」という希望が寄せられてきました。そこで新装版では、文庫版発刊から14年が過ぎた現在の日中関係に関する記述を大幅に加筆して発刊します。すでに本作品を知る読者にも、そして新たに手に取る読者にも、「戦後70年を考える必読書」として読み応えのある作品となっています(2015年4月発表作品)。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/12/12Posted by ブクログ

      日本統治時代に生まれた台湾の「愛日派」実業家が書いた本で、14年ぶりの復刊とのこと。統治期後期の台湾の様子や終戦前後に滞在した日本での混乱の様子を詳細に書いた第2・3章、戦後直後の台湾の悲劇を描いた4...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001618847","price":"1584"}]

    セーフモード