ミトルヒト 終末期の悲嘆に寄り添う一人の僧侶の軌跡

著:長倉伯博

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 600(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

終末期を迎えた患者やその家族には、身体的・精神的・社会的なさまざまな「痛み」が現われる。医療だけでは除けない心の痛みのケアこそが宗教者の役割であると、仏教と医療の協働を呼びかける“看取り”僧侶の半生を綴る。

続きを読む
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント
  • あなた、往く人 私、少し遅れて往く人 ともに浄土へ還る人

  • こういった活動をしてくれているお坊さんがいるととても心強い。お坊さんは葬儀のイメージなので病院では…と思ってしまうが、生老病死すべてに普段からもっとかかわる環境があればそういった誤解はなくなると思う。...

    続きを読む

セーフモード