廃院のミカエル

篠田節子

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    食品輸入会社の現地職員としてアテネで働く美貴は、仕事で訪れたとある村で廃院となった修道院を見つける。その宿坊の壁に描かれた大天使ミカエルを目にして以降、彼女の周りでは次々と不可思議な現象が起こる。無人の聖堂で不意に聞こえる祈りの声、相次ぐ村人の死、積み重なる家畜の死骸。全ては神の仕業か悪魔のいたずらか。異国の地を舞台に繰り広げられるサスペンス長編。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/08/28Posted by ブクログ

      日本の輸入会社で働いていた美貴は、男女関係のトラブルでレバノンに飛ばされ、何とかビジネスをモノにしようとするも内戦でベイルートから脱出、アテネに逃げ込んだ。そんな中たまたま巡り合った白い蜂蜜をビジネス...

      続きを読む
    • 2014/12/15Posted by ブクログ

      なかなか読み進めることができなかった。
      ボリューム、世界観。
      自分が着地するのに時間がかかって。
      いかん。
      感受性が緩んでる。

      最後はゾクゾクと。

    • 2017/02/12Posted by ブクログ

      面白くはあったが、少し物足りなくもあり。いつも楽しまさせてくれる著者の作品ということで、期待値が高すぎたかも。

    開く
    [{"item_id":"A001617324","price":"715"}]

    セーフモード