【最新刊】ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体

1冊

著:おおたとしまさ

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    開成、筑波大付属駒場、灘、麻布など進学校の中学受験塾として圧倒的なシェアを誇る「サピックス小学部」。そして、その名門校の合格者だけが入塾を許される、秘密結社のような塾「鉄緑会」。なんと東大理IIIの合格者の6割以上が鉄緑会出身だという。いまや、この二つの塾がこの国の“頭脳”を育てていると言っても過言ではない。本書では、出身者の体験談や元講師の証言を元に、サピックス一人勝ちの理由と、鉄緑会の秘密を徹底的に解剖。学歴社会ならぬ「塾歴社会」がもたらす、その光と闇を詳らかにする。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/02/26

    レビュー

    3.4
    23
    5
    1
    4
    11
    3
    9
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/23Posted by ブクログ

      SAPIX(小学部)と鉄緑会について書かれた本。「塾歴社会」というタイトルから、もう少し、出身者の系譜とか構造的な話があるかと思ったが、基本は関係者(塾、学校、出身者)に対してSAPIXと鉄緑会につい...

      続きを読む
    • 2019/02/15Posted by ブクログ

      ルポ東大女子を読んで、それ以前の流れを知りたくなり読んでみた。
      日本の東京または大阪近辺に住む、極々僅かな富裕層のご子息ご息女方の受験話です。はい。
      これらの極々一部のエリート達が日本の中枢を担ってい...

      続きを読む
    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      サピックスは知っていたが鉄緑会は知らなかった。こういう世界が存在するということがわかっただけでもよいだろう。

    開く

    セーフモード