公事宿事件書留帳十九 血は欲の色

著:澤田ふじ子

677円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    金貸しの老婆を絞殺し、百五十両を奪った廉で六角牢屋敷に送られた多吉。腕利きと評判の吟味役同心・太田宗兵衛から、凄惨な拷問を受けながらも頑として罪を認めない彼の様子に、菊太郎はある仮説を立てる。事件の真相を探るため、罪人になりすまして牢屋敷に潜入した菊太郎が見たものとは何だったのか? 感涙必至の人気シリーズ、第十九集。

    続きを読む
    • 公事宿事件書留帳 全 22 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      公事宿事件書留帳 全 22 巻

      13,683円(税込)
      136pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/02/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/04/17Posted by ブクログ

      京都のお侍、というちょっと変わった設定のお話。

      京都の町奉行同心の長男でありながら本妻の子である弟に気を使い、放蕩のふりをして家を飛び出した菊太郎は、公事宿(訴訟人専用旅篭)鯉屋に居候して、鯉屋に持...

      続きを読む
    • 2018/11/21Posted by ブクログ

      もう何回目でしょう
      木枯らしの便りが届く頃になると
      澤田ふじ子さんを
      読みたくなります

      何年か前に
      読んだはずなのですが
      ほとんど忘れてしまっているので
      なぜか ものすごく新鮮に
      感じてしまうのです...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001617329","price":"677"}]

    セーフモード