【最新刊】公事宿事件書留帳二十二 冤罪凶状

公事宿事件書留帳

著:澤田ふじ子

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    突如現れた正体不明の五人組の暴漢を自慢の剣技で一蹴した菊太郎。その傍から、一味は公事宿「鯉屋」が密かに再調査を始めた強盗殺人事件に関わる者ではないかと思い至る。すでに下手人とされた男は打首になり、落着したはずの事件の裏には、いったい何が隠されているのか? 表題作ほか全六編を収録。人気シリーズ、ここに堂々完結!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/12/06
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    歴史・時代
    • 公事宿事件書留帳 全 22 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      公事宿事件書留帳 全 22 巻

      13,683円(税込)
      136pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/02/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/04/17Posted by ブクログ

      京都のお侍、というちょっと変わった設定のお話。

      京都の町奉行同心の長男でありながら本妻の子である弟に気を使い、放蕩のふりをして家を飛び出した菊太郎は、公事宿(訴訟人専用旅篭)鯉屋に居候して、鯉屋に持...

      続きを読む
    • 2018/11/21Posted by ブクログ

      もう何回目でしょう
      木枯らしの便りが届く頃になると
      澤田ふじ子さんを
      読みたくなります

      何年か前に
      読んだはずなのですが
      ほとんど忘れてしまっているので
      なぜか ものすごく新鮮に
      感じてしまうのです...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001701322","price":"679"}]

    セーフモード