群れなす雛たちへ送るエール

著:仲俣暁生 著:池田敬二 イラスト:伊富魚 デザイン:0.9Gravitation 編:鷹野凌

216円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    我々は雛だ! デジタル化とネットワーク化により、誰もが「publisher」になれる時代。書き手と読み手は、既存の流通手段に頼らずとも、ダイレクトに繋がれる。自らの手で作品を世に送り出す「インディーズ作家」たちに送られた、力強いエールがここにある。雛たちよ、その翼を思う存分羽ばたかせよ!●仲俣暁生『「群雛 (GunSu)」の創刊によせて』 鶴見俊輔が打ち出した「限界芸術」という概念の可能性が、いまあらためて試されている。宮沢賢治が感じたような、未来圏から吹く見えない風を感じとれ!(初出:『月刊群雛』2014年02月号)●池田敬二『「月刊群雛」への応援歌』 芥川賞候補に五回選ばれるもすべて落選、自殺してしまった不遇の作家・佐藤泰志。もし彼がいま生きていたら。自分の足で立ち上がるためのツールやテクノロジーが整ってきた現在は、創作者にとって幸福な時代だ。(初出:『月刊群雛』2014年08月号)表紙イラスト:伊富魚(『月刊群雛』2014年10月号表紙イラスト担当)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード