角川映画 1976-1986[増補版]

著者:中川右介

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    1970年代半ば、低迷していた日本映画界に登場した角川映画は、日本初の本格的メディアミックスだった! 小説と映画と主題歌をヒットさせ、ベストセラー作家とスターを生んでいく。「犬神家の一族」に始まり、「野性の証明」「復活の日」等の大作、「セーラー服と機関銃」「時をかける少女」等のアイドル映画。疾風怒涛の10年を描くノンフィクション。2016年「セーラー服と機関銃-卒業-」(主演・橋本環奈)、「エヴェレスト 神々の山嶺」(主演・岡田准一、阿部寛)など角川映画40周年記念映画が公開。本書も40周年を記念して、大幅加筆で待望の再登場! 角川映画1986年以降、角川歴彦の「新生角川映画」、角川映画40周年の大きな流れも加筆して描く増補版!

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    4
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/13Posted by ブクログ

      歌謡曲やミステリーに続く著者の70's80'sティーンエイジ人格形成カルチャーシリーズは角川映画。東映、東宝、松竹、(大映、日活)五社体制プログラムピクチャー時代にトドメを刺し、現在の製作委員会方式時...

      続きを読む
    • 2016/11/19Posted by ブクログ

      角川映画以外の映画の裏側が良くわかり、文庫の話も興味深く読めちゃう

      角川春樹のお陰で、今の日本映画が有るように感じる

    • 2016/08/27Posted by ブクログ

      角川映画最初の10年を描いたノンフィクション。
      子供ころ、テレビや書店での大量宣伝で、映画といえば角川映画だった。

      映画を好きになったきっかけが「犬神家の一族」なので、角川映画誕生前夜から書かれたこ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード