【完結済み】書かずの753 1巻

書かずの753

完結

相場英雄×中山昌亮

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

東京の大手全国紙・大和新聞。その大和新聞に籍を置く戸塚文子は、新聞協会賞も受賞し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの若手敏腕記者である。そんな彼女に人事異動の発令が!! 自他共に認める若手のホープとしてワシントン総局への異動か? と胸を躍らせていた文子だったが、蓋を開けてみると辞令は、小さな地方新聞社・日刊北海道への出向だった…… 納得いかぬまま北海道の地に降り立った文子がその地方新聞社で目にし、感じたものとは!?

続きを読む
ページ数
201ページ
提供開始日
2016/02/26
連載誌/レーベル
ビッグコミックオリジナル
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 書かずの753 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    書かずの753 全 2 巻

    1,210円(税込)
    12pt獲得

レビュー

  • 2016/03/09Posted by ブクログ

    「道民」としては地元ネタについ微笑んでしまうが、一番引き込まれたのは道と関係薄い社会派ミステリ・テイストの「特オチ」編だったり。最終回は急な気もしたけど鮮やかなラストでもあり良い引き際。

  • 2014/05/11Posted by ブクログ

    「職業もの」フォーマット、ただしローカル分多め。地方あるある好きな「道民」としては嬉しいんだけど、他県の人はどう思うのかしら? ただでさえ上手い絵がますます上手くなってて眼福。

  • 2016/02/04Posted by ブクログ

    スタンドプレーばかりだったのが、チームプレーで活かし活かされ、成長を認められてきた文子。最初は札幌に飛ばされ腐っていたものの、巨悪を追い、警察の見立ても覆す取材力を発揮し、やり甲斐を感じ始めたところへ...

    続きを読む
開く

セーフモード