コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか

旦部幸博

1,166円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    今では、我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。その独特の香味はどのように生まれるのだろうか。自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を、科学の視点で徹底分析。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る!

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    22
    5
    5
    4
    9
    3
    7
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/12Posted by ブクログ

      コーヒーを淹れる人は読むとより抽出が楽しめるとおもいます。

      専門的な部分は難しくて理解できないところも多いのですが、読みやすいところだけでも(特に抽出のところ)読むといいと思います。

      どうしてこの...

      続きを読む
    • 2019/04/07Posted by ブクログ

      コーヒーの美味しさを科学的に説明した一冊
      化学用語がたっぷり出てきて読むのが辛かった。
      ちょっと自分にはマニアック過ぎた

    • 2019/02/07Posted by ブクログ

      著者が理系で化学や生物に精通した人であることから、「そう攻めて欲しかった!」という切り口や視点、考え方や論理の運び方がなされているのがとても好印象で、のめり込んで読むことができた。大抵の本はなんという...

      続きを読む
    開く

    セーフモード