2020年の大学入試問題

石川一郎

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2020年大学入試改革のすべて。東大京大早慶大、医学部の入試問題はどうなるか? 必要な学力、求められる人材とは? 「アクティブ・ラーニング」という学びの重要性。リベラルアーツ(教養)は必須。英語はどう学ぶか? 歴史と化学が合体する!? 数学が一番変わる。「開成」はそれでも一番であり続けるか? 文科省が示す「国語」「数学」「英語」予想例題ほか。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      「アクティブラーニング」「高大接続」「SGH」…なんとなく使われている教育関係のキーワードの底流にある変革の本質に触れることができました。中教審の答申が出る前から高校教育の現場に立って自分なりの「モヤ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      著者は、かえつ有明中学校・高等学校の校長先生。

      内容は単に大学入試にとどまらず、
      国際化グローバル化により、世界では
      どのような人材が求められているのか、
      日本の教育で果たして「自分軸」はしっかり
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001615508","price":"825"}]

    セーフモード