2020年の大学入試問題

石川一郎

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2020年大学入試改革のすべて。東大京大早慶大、医学部の入試問題はどうなるか? 必要な学力、求められる人材とは? 「アクティブ・ラーニング」という学びの重要性。リベラルアーツ(教養)は必須。英語はどう学ぶか? 歴史と化学が合体する!? 数学が一番変わる。「開成」はそれでも一番であり続けるか? 文科省が示す「国語」「数学」「英語」予想例題ほか。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    19
    5
    2
    4
    7
    3
    7
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/05Posted by ブクログ

      15
      ・自分軸をコンペアコントラストを活用して定めていく。
      ・ルーブリックという新たな評価指標がある。
      ・思考力、判断力、表現力が求められる。

    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      【由来】
      ・図書館の新書アラート

      【期待したもの】
      ・どんな問題になる?と言うか、そういう内容?知り合いの先生達との話のネタに。

      【要約】


      【ノート】


      【目次】

    • 2018/01/03Posted by ブクログ

      とても刺激的なテーマではある。

      大学入試というのが、今後激変していって、単なる知識を問うだけのものではなくなっていく、いや既にその変化は始まっているという話。それを具体的な入試問題の紹介を交えて語っ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード