【大前研一のケーススタディ】もしも、あなたが「京急不動産の社長」「日本スキー場開発社長」ならばどうするか?

大前研一/ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    ■BBTリアルタイム・オンライン・ケーススタディ書籍化シリーズ第15弾ビジネス・ブレークスルー大学提供ケーススタディを書籍化。学長大前研一が「もしも自分が企業の経営者であればどうするか」、注目企業を分析・戦略提案します。「企業の経営状況はどうか?どこに着目し戦略はどう立案するか?」、ケーススタディを通じて学ぶことができます。多くの起業家を送り出すBBT大学の目玉プログラムを追体験できる本シリーズは、経営を志すすべての人にお勧めです。■もしも、あなたが「京急不動産の社長」ならばどうするか? 京浜急行電鉄を中核とした京急グループは、京浜地区から三浦半島を地盤とし、交通、流通、不動産、レジャーサービスなどの事業を展開している。グループの中で京急不動産は、土地・住宅の分譲やニュータウン開発によって沿線地域の開発を担ってきたが、今後沿線人口の減少や高齢化が予想されるなか、沿線地域の特性を活かし、どのような再開発戦略を打ち出すべきか? ■もしも、あなたが「日本スキー場開発社長」ならばどうするか? 2005年12月に日本駐車場開発の子会社として設立した日本スキー場開発は、スキー場の再生・活性化を目的とし、スキー場に特化した再生事業と総合コンサルティング事業を行っている。国内スキー・スノーボード参加人口は1993年の1,860万人をピークに2014年には760万人と半分以下にまで減少する今、取るべき開発戦略とは何か?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード