【最新刊】魔女の薬草箱

魔女の薬草箱

著:西村佑子

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。魔女の正体を薬草という観点から解き明かす!2006年発売より好評を得ていた「魔女の薬草箱」が、熱い要望にお答えしてついに電子化!魔女の正体を探る上で重要な数十種類の薬草を取り上げ、それぞれにまつわる魔女のエピソードを紹介します。魔法薬のレシピ/魔女狩り/キリスト教と魔女の関係など今まで表に出ることのなかった秘密が明らかに。『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親、漫画家水木しげるも推薦の一冊。

    続きを読む
    ページ数
    177ページ
    提供開始日
    2016/02/26

    レビュー

    3.6
    15
    5
    1
    4
    8
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/07/08Posted by ブクログ

      先日読んだ『不思議な薬草箱』のシリーズ第一弾。「魔女」が使ったとされるいろいろな薬草の効能(民間療法などで信じられているものと、実際のもの両方)が、とても分かりやすく解説されています。ゲームでおなじみ...

      続きを読む
    • 2017/10/09Posted by ブクログ

      昨夏、我が家の庭に突然大きなケシの花が咲いた。
      突然、と言うのは、植えた覚えがまるでなかったからだ。たぶん鳥の落としものだったのかもしれない。
      鮮やかな赤色はほれぼれとするほど美しいのだが、あらぬ疑い...

      続きを読む
    • 2015/06/27Posted by ブクログ

       魔女と言えば薬とほうきの2点セットが浮かんでくる。ぐつぐつと何か怪しいものを作っている姿やほうきにまたがって空を飛んでいる姿。

       キリスト教にとって本来、魔女でもないのに魔女と呼んで迫害した人たち...

      続きを読む
    開く

    セーフモード