きみを忘れるための彼女

片岡義男

275円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    典型的に愚かな男はうつくしさを知っている ■自分とはスピードが合わない。自分はいつも遅れてしまう。その「遅れ」の自覚から取った行動がとりかえしのつかない結末につながる。それは2人の女性を不快にする結果にもなったが事態をハッキリと前に進めることにも寄与した。今、男が持っているのはその「遅れ」と愚かさだ。そのせいで彼は女性を失ったが、そのせいで彼は彼女と彼女のうつくしさを知った。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001615334","price":"275"}]

    セーフモード