バイバイ

50%OFF

著者:鷺沢萠

396円198円(税込)
1%獲得

1pt(1%)内訳を見る

    はじめて会った日から1年、付きあいはじめてからは7、8か月が過ぎても、喧嘩らしい喧嘩は一度もなかった。勝利と朱実のあいだはとてもうまくいっていたはずだった。「結婚」ということばこそ、ふたりのあいだで口にのぼることはまだなかったが、どちらかがいつ言い出してもおかしくないような雰囲気だった。何の問題もない恋人同士のように見えたはずだ、と勝利は思う。たったひとつの問題は、勝利に、朱実以外にもそういう付きあいをしている女性が、あとふたりいることだった……。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    15
    5
    4
    4
    3
    3
    5
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/30Posted by ブクログ

      誰もが自分が一番で、誰かの一番に自分がなることはない。
      それ以外は簡単にひっくり返るもので、だから人を信じてはいけないのだけれど、だからといって嫌われるのも怖くて、いつも「バイバイ」を言えずに、その場...

      続きを読む
    • 2017/06/07Posted by ブクログ

      同じ著者のエッセイ「ありがとう」で触れられてるのを見て。何年かぶりの再読。幼い頃から親戚をたらい回しにされ、嫌われないことを第一義に掲げ、好意を断れないうちに、嘘を重ね、三人と同時に付き合ってしまって...

      続きを読む
    • 2014/01/25Posted by ブクログ

      中学の先輩に当たるかたの著書。母の後輩でもあるので、手に取りました。個人的には好きになれない作品で、気持ち悪い、嫌な感じと思う表現がありました

    開く

    セーフモード