【最新刊】絶世少女ディフェンソル(4)

絶世少女ディフェンソル

著者:マサト真希 イラスト:芳住和之

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「慎。また、明日ね」文化祭を翌日に控え、クラスメートや友人たちと準備に大騒ぎの慎とユイナ。忙しさの中でも、彼らはお互いと過ごせる平穏な日々の大切さを噛みしめる。今日は、きっと明日につながる。そうふたりは確信していた。また明日。また明日、いつものように会おう―だが、彼らの一途な想いを引き裂くように、“現世”の崩壊が始まる。壮絶な戦いに次々と倒れていく仲間たち。慎とユイナは互いを求めて瓦礫の街を走る。ふたりの想いの行方は、破滅に瀕する“現世”の行方は!? “王”と“守護士”のバトルアクション、ここに完結。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/26
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • 絶世少女ディフェンソル 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      絶世少女ディフェンソル 全 4 巻

      2,684円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      設定は意外と深いような浅いような感じなのですが、登場人物の一人である九条さんに正直惚れました(笑)
      あのスーツの配色といい、意外と獰猛そうなとこといい、かなりツボにどんぴしゃでした。

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      「突然だけど、私の王<レクス>になって。」

      転校生ながら、校内一の美少女となっている天音ユイナ。
      そんな彼女からのメールに気づいてから、俺の心臓は激しく鼓動している。
      まさか、告白!?「実は一目ぼれ...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      「羽立慎君…だよね? 
        
        突然だけど、私の王<レクス>になって。」

      何のとりえも無いごく平凡な中学生だった羽立真は
      境界守護士<ディフェンソル>であるユイナとであったことから
      世界の境界を守...

      続きを読む
    開く

    セーフモード