【最新刊】オリンピアと嘆きの天使

オリンピアと嘆きの天使

中川右介

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    祖国を離れて、闘った女。栄光を得て、全てを喪った女。ディートリッヒ、リーフェンシュタール、原節子、ヘップバーン。才能と運命に翻弄された女たちの物語――。ともにベルリン芸能界で活躍、1930年代にスターダムへと駆け上がった二人の女優、マルレーネ・ディートリッヒとレニ・リーフェンシュタール。1933年、ハリウッドで成功したディートリッヒは、ドイツへ向かう船上でヒトラーの演説を聞き、違和感をおぼえ帰国をとりやめる。やがて第二次世界大戦が勃発すると、米国籍を持つ連合国兵士として従軍。戦後、ドイツ保守層からは「裏切り者」扱いされ、二度とドイツで暮らすことはないまま、国際的名声を得た。一方、リーフェンシュタールはナチス政権下で女優から監督に転身。ナチス美学を体現するプロパガンダ映画を撮り、世界中から批判を受けたが、その美的センスは後世の映画作家たちに多大な影響を与える。戦後はすべての名誉を奪われたまま、それでもドイツで暮らし続けた。二人と親子ほど歳の離れたオードリー・ヘップバーンは1959年、ダブリンで20年ぶりに父親と再会する。彼女の両親はかつて英国のファシズム運動に参加し、ナチスシンパとしてヒトラーと面会も果たしていた。両親の過去に秘密を持つ彼女もまた、ナチスによって人生を変えられた一人だった。そして、戦後民主主義の象徴ともいえる女優・原節子は、42歳の若さで映画界を去り、公式の場からも姿を消す。17歳の彼女がヒトラー政権下のドイツに渡ったのが1937年。初の日独合作映画『新しき土』のキャンペーンのためだった。この映画の監督アルノルト・ファンクこそが、リーフェンシュタールの監督の才を見抜き、彼女をナチス美学のスターへと仕立て上げた張本人だった。国家とは何か。祖国とは何か。芸術家や文化人は、国家権力とどのようにつきあうべきなのか。いまや私たちにとっても切実なテーマを、4人の女性の歩みとともに描き出す。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/02/12

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード