【最新刊】新装版 眠る盃

新装版 眠る盃

1冊

向田邦子

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    向田邦子2冊目の随筆集。「荒城の月」の「めぐる盃かげさして」の一節を「眠る盃」と覚えてしまった少女時代の回想に、戦前のサラリーマン家庭の暮らしをいきいきと甦らせる表題作をはじめ、なにげない日常から鮮やかな人生を切りとる珠玉の随筆集。知的なユーモアと鋭い感性、美意識を内に包んだ温かで魅力的な人柄が偲ばれるファン必読の書。文字が大きく読みやすくなった新組版。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/02/12
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.2
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/07Posted by ブクログ

      電話は固定してるのが当たり前であった時代、平成という時代も、携帯もパソコンも見ることはなかった向田邦子さん(1929~1981)の「父の詫び状」に続く二冊目のエッセイです。「眠る盃」、2016.1発行...

      続きを読む
    • 2018/09/24Posted by ブクログ

      エッセイの名手。鹿児島旅行のエッセイが好き。幼少期の思い出の強さを表現した最後の一文のうまさ、すごい。中野のライオンの話も印象的。教科書でおなじみ、字のない手紙も収蔵。

    • 2018/05/21Posted by ブクログ

      マンガ「書店員波山個間子」でこの本が紹介されていたので購入
      「字のない葉書」に涙…いやぁこれは泣くって…

    開く

    セーフモード