一冊の約束

無料

亀原慶貴

0円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校の図書館に入って左手に、壁一面がガラス張りになった読書スペースがある。誠は、そこにいつもいる、一人の少女に釘付けになった。黒く艶のある髪を持つ可愛い子で、物静かに本を読む様は、まさに大和撫子だった。勇気を出して話しかけてみたら、「君も毎日ここに来て。それで、私の話し相手になって」。狂喜乱舞する誠だったが……。2016年度武蔵野文学賞高校生部門 優秀賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード