菊の彼

無料

中根恵美

0円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あの、道を聞きたいんですけど……」。森谷綾は、脇に菊を抱えて黒い眼帯をした男にいきなり声をかけられた。古本屋に行きたいというので案内していると、男は途中の稲荷神社のところで急に立ち止まり「すみません。ここに狛犬様がいるとは思いませんで」。綾は妖しい世界にひきこまれて……。2016年度武蔵野文学賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード