仁義なき戦い〈決戦篇〉 美能幸三の手記より

著者:飯干晃一

453円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    戦後のヤクザ抗争事件史上、最大の争いとなった“広島ヤクザ戦争”――。原爆で壊滅した広島に巣食った無法者たちを力でおさえた岡組、隣接する呉を策略で統一した山村組。ところが岡組組長は引退を機会に、縄張りを山村組にゆずった。そのため、岡組の当然の後継者と思われていた打越組は、山村組と真っ向うから対立することになった。しかも、一触即発の状態にある両組を、日本最大の暴力団・神戸の山口組とそのライバル本多会が、それぞれ応援に立ちあがったのだ――。美能組元組長・美能幸三の手記をもとに、抗争事件の真相にせまる異色のドキュメント。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/28Posted by ブクログ

      本書は、小生のように映画を観た人が読むというパターンが圧倒的に多いと思われる。「読んでから見るか、見てから読むか」という角川映画のコピーがあったが(我ながら古い)、後者のパターンだ。

      じゃによって、...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/07/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード