三角木馬 花嫁いじめ花弁なぶり VIII(改訂版)

汐見朝子

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    私は夫と、夫の元婚約者、凛子様との性の奴隷と成り果てた。「そら、お舐め。愛しい旦那様のペ○スだよ。奉仕出来て嬉しいだろうが」馬乗りになった女が、定規で私のお尻を叩く。「ううう」「しゃぶれ、絵梨。おまえなどもう妻とは思えん。ただのメス犬だ」夫は女の言葉にあおられる様に喉の奥まで突き入れる。「あぐう…」あまりに苦しくて涙とうめき声が漏れる。「ようし勃ったぞ。おいで凛子。ハメてやろう」夫が私の愛撫で大きくなったソレを女のアソコに挿入する。「ああん、蒼風。うんと突いてェ」夫からどんなに身体をいたぶられても我慢出来る。けれど夫が他の女と絡み合うのを見ているのは辛くて心が千切れそうだ。「そら」私の前にバ○ブが投げ出され自慰を!?

    続きを読む
    • 三角木馬 花嫁いじめ花弁なぶり (改訂版) 全 13 巻

      未購入巻をまとめて購入

      三角木馬 花嫁いじめ花弁なぶり (改訂版) 全 13 巻

      7,020円(税込)
      70pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード