【最新刊】経営の焦点

経営の焦点
1冊

恩地祥光

1,512円(税込)
ポイント 15pt

通常ポイント:15pt

M&A助言会社レコフの経営者による「やさしい経済学講座」。朝日新聞名物コラム「経済気象台」連載が書籍化! 「消費者やサラリーマンが感じ、疑問に思う事柄から日本経済の先行きを展望する」という切り口で、コンビニの戦略、消費税増税、多店舗展開のチェーン店の現在地、日本企業による海外M&A、プロ経営者の功罪、アベノミクスの今後などを日常生活の視点からで眺め、解説した一冊。【著者紹介】恩地祥光(おんじ・よしみつ)1954年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業後、1977年に株式会社ダイエーに入社。中内功CEO秘書役・総合企画室長・経営企画本部長などを歴任。入社5年目、26歳のときに秘書室に着任。“かばん持ち”として4年間、CEOの間近で仕える。その後、専務に就任した長男・中内潤氏の秘書役を経て、経営企画の分野に移動。リクルートやハワイ・アラモアナショッピングセンター買収などの大型M&A案件、ローソンの上海進出などの事業開発案件を手がける。一方で、社内組織に初のカンパニー制を導入。また、ローソンをはじめとする関連会社の上場準備に中心的な役割を果たす。1998年、株式会社レコフ入社。2008年、COO・経営企画委員会メンバーを経て、2010年代表取締役社長に就任、現在に至る。2013年より朝日新聞・金融情報面のリレー連載「経済気象台」の執筆陣に加わる。著書に「中内功のかばん持ち」(小社刊)がある。M&A助言会社レコフの経営者による「やさしい経済学講座」。朝日新聞名物コラム「経済気象台」連載が書籍化!

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード