ケータイ料金引き下げ!―週刊東洋経済eビジネス新書No.146

編:週刊東洋経済編集部

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 110(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

あなたは、携帯料金を高いと感じていないだろうか? 日本におけるスマホの月額平均料金は6342円。この料金水準は世界の中でほぼ真ん中だ。だが、日本の場合、契約したスマホをあまり使わないライトユーザーが冷遇され、長期利用者が月々支払う通信料の一部は、MNPを使う短期利用者の利益に充てられている。家計支出に占める通信費の割合は10年間で2割上昇。もはや大手による値下げは期待できない! 国策で値下げが始まる今こそ知りたい、賢いスマホとの付き合い方。本誌は『週刊東洋経済』2015年11月14日号掲載の18ページ分を電子化したものです。●●目次●●携帯料金はどうすれば下げられるのか?ここがおかしい! 日本のケータイ事情首相指示が招いた料金値下げの大騒動新電電の二の舞いを避けよ!国策を先取り! 賢いスマホ節約術有名機種を安く手に入れる!MVNOを使い倒せ! 性能が上がる格安スマホ。個性あふれる機種が続々揺れる「iPhone神話」

続きを読む

セーフモード